神道とは?

神道(しんとう、かんながらのみち)とは日本の民俗的な信仰体系であり、日本固有の多神教の宗教です。

 

【概要 】

神道は太古の日本から信仰されてきた固有の文化に起源を持つ宗教である。日本列島に住む民族の間に自然発生的に生まれ育った伝統的な民俗信仰・自然信仰を基盤とし、豪族層による中央や地方の政治体制と関連しながら徐々に成立した。

なお、神道には明確な教義や教典がなく、『古事記』、『日本書紀』、『古語拾遺』、『宣命』といった「神典」と称される古典を規範とする。森羅万象に神が宿ると考え、天津神・国津神や祖霊をまつり、祭祀を重視する。浄明正直(浄く明るく正しく直く)を徳目とする。他宗教と比べて現世主義的であり、性善説的であり、まつられるもの(神)とまつるもの(信奉者)との間の連体意識が強い、などといった特徴がみられる。

神道と仏教の違いについては、神道は神話に登場する神々のように地縁・血縁などで結ばれた共同体(部族や村など)を守ることを目的に信仰されてきたのに対し、仏教はおもに個人の安心立命や魂の救済、国家鎮護を求める目的で信仰されてきたという点で大きく相違する。

神道は日本国内で約1600万人に支持されており(文化庁『宗教年鑑』)、約85000の神社が登録されている。

【分類】

神道は

皇室神道

皇居内の宮中三殿を中心とする皇室の、すなわち、天皇家の神道である。

神社神道

神社を中心とし、氏子・崇敬者などによる組織によっておこなわれる祭祀儀礼をその中心とする信仰形態である。

教派神道(神道十三派)

教祖・開祖の宗教的体験にもとづく宗教。他の神道とは少し性質が異なる。

古神道

「民 間神道・民俗神道」や原始神道・縄文神道・古道(中華文明の原始儒教も同意であるがここでは除く)とも呼ばれ、日本で古くから民間でおこなわれてきたもの や、修験などの古神道と習合した密教や仏教、あるいは道教の思想を取り入れた古神道などの信仰行事をいう。また、明治時代以降に古神道だけを取り出し、新 たな宗派として設立されたものとしての復古神道に分類できる。

今日、単に「神道」といった場合には神社神道を指す。

また、何に重きを置くかによって、

  • 社人神道 - 儀礼を中心とする
  • 学派神道 - 教学を中心とする

に分けられる。

なお、「国家神道」は、特に、1868年の王政復古の大号令から第二次世界大戦終結までの日本における、国家の支援のもとにおこなわれた神道を指す名称で ある[7]。教派神道の「『神道各派』から区別された神ながらの道は、とくに国家神道とも呼ばれるが、法律家や行政実務家は、以前からそれを神社と呼ぶの が例[8]」であり、第二次世界大戦前は単に「神社」といえば、国家に管理された国家神道のものをさした。現在では政教分離が進んで「神社」の語義が変化 しており、国家神道を単に「神社」と称することはなくなった。なお、国家神道の語をGHQによる捏造とする謬説がある。

 

 

 

参考文献 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』