神棚のまつり方


神棚をお祀り(まつり)する方角・位置

神棚は、南向きか東向きにお祀りします。東は太陽が昇る方角、南は中国の「天子は南面する」という語に表れているように、我が国でも、この思想的影響を受けながら、古くから祭りなどを中心としたさまざまな儀礼の場において、特に重要な方角として考えられてきました。しかし西や北向きが悪い理由はなく、これには我々日本人の方角に対する歴史的な考え方の違いがあるようです。

 

お札のまつり方

お札を横に並べておまつりするときは、
 中央に伊勢の神宮のお札、
 向かって右に氏神様のお札、
 向かって左に崇敬する神社のお札をおまつりします。

ひとつに重ねておまつりするときは、
 一番手前に伊勢神宮のお札、
 その後ろに氏神様のお札、
 次に崇敬する神社のお札を重ねておまつりします。