算賀の祝い

 

還暦(かんれき)

数え年61歳の年祝い。干支(十干十二支)が一巡し、生まれた年の干支にふたたび戻ることで、本卦還り(ほんけがえり)ともいい、還暦の祝いで、本人に赤色の頭巾やちゃんちゃんこなどを贈るのは、かつては魔除けの意味で産着に赤色が使われていた事にちなみ、再び生まれた時に帰るという意味でこの習慣があります。

古稀(こき)

数え年70歳の年祝い。中国の杜甫(とほ)の「曲江(きょくこう)」の詩にある「人生七十古来稀なり」の語句に基づき、70歳まで生きることは古来稀であるという長寿の祝い

 

喜寿(きじゅ)

数え年77歳の年祝い。喜の字の草書体が七十七と書かれるところから。

 

傘寿(さんじゅ)

数え年80歳の年祝い。傘の略字が八十と読めるところから。

 

米寿(べいじゅ)

数え年88歳の祝い。米の字を分解すると八十八となるところから。

 

卒寿(そつじゅ)

数え年90歳の年祝い。「卒」の俗字「卆」が「九」と「十」から成り立っているところから。

 

白寿(はくじゅ)

数え年99歳の年祝い。「百」の字の一をとると「白」になるところから。

 

 

数え年100歳、100以上 

長寿の極めとして、毎年お祝いをします。