moduletable_th_bg01.jpg
moduletable_th_bg02.jpg
moduletable_th_bg03.jpg
moduletable_th_bg04.jpg
moduletable_th_bg05.jpg
moduletable_th_bg06.jpg

ひろしま胡子大祭 "福娘"募集について

  
 
前年の胡子大祭は
私達3人がご奉仕いたしました。 
  fukumusume2010.jpg
     
応募用紙ダウンロード

応募用紙のダウンロードは
こちらからお進みください

応募フォーム

PC・スマートフォン等からご応募の場合、こちらから 

  注) 一部スマートフォンの場合、画像サイズにご注意ください。(500kb以下にリサイズしてください)

 

応募書類及び個人情報の取り扱いについて

banner2.png
qr.gif

   携帯サイト 

管理用エリア
大祓 プリント メール

大祓【おおはらい】
私たちは平素生活を営むうちに知らず知らずの間に罪穢を受けています。その罪穢を祓うための儀式が大祓で、6月30日と12月31日に行われます。
大祓は、古事記日本書紀にみえる伊邪那岐命の禊祓が起源とされ、その後受け継がれ、たびたび国家的儀式としても行われており、平安時代の延喜式には四時祭(毎年決まって行われる国家的祭事)として恒例のお祭りになりました。
6月30日に行われる大祓は夏越大祓、水無月大祓ともいい、多くの神社の社頭には茅の輪が設けられ茅の輪くぐりが行われます。
茅の輪は「備後国風土記」に記された蘇民将来の説話に「小さい茅の輪を腰に付けて疫病よけとした」とあり、もともとは疫病よけのお守りとして、腰につけたり首にさげたりしていたのが、起源であるようです。
茅の輪をくぐる時には「みな月の夏越の祓する人はちとせの命のぶといふなり」という歌を唱えると言われています。

七夕
七 夕は節句の一つで、有名な牽牛(けんぎゅう)と織女(おりひめ)の説話は中国より伝わったもので、はやくも奈良時代には宮中で七夕祭りが催されていまし た。しかしながら、我が国にも年に一度の神の訪れを、水辺の機屋で待ち、神とともに一夜をすごす聖なる乙女棚機女(たなばたつめ)の信仰があり、織女星伝 説と習合したと考えられています。
また七夕は星祭りであるとおもわれていますが、我が国では御先祖をお迎えし、一夜を過ごした後に送るという祖先祭祀の一面もあるのです。

お盆
旧暦7月15日を中心として、お盆の行事が各地で行われています。お盆はもともと我国古来の祖先祭祀で、正月と同様に御先祖の精霊を家にお迎えしてお祭りを行うもので(御魂祭)、仏教伝来以前から行われていました。地域によっては新暦の7月に行う所もあります。
13日にはお墓に参り、御先祖の精霊をお迎えし、15日にはお送りするのが習わしとなっています。各地で行われる盆踊りなどは本来御先祖の精霊をお迎えしてなぐさめ、送りだす目的のものであったと考えられています。

 

 

煤払い
煤 払いは年末に新年を迎えるにあたり、家の内外を大掃除する行事で、煤掃き、煤納めともいわれています。元来は12月13日の正月の事始めに盛大に行われて いました。煤払いはもともとは正月に年神さまを家にお迎えする準備のための宗教的な行事であって、単なる掃除ではなく、正月事始め、神祭りの始め、物忌み の始めのものでした。

 

大祓
12月31日の大晦日には一年の間に受けた罪穢を祓うために、大晦日(おおつごもり)大祓が宮中ならびに全国の神社で執り行われます。